ガンダムとシャア専用ズゴックのマンホールが小田原市に設置開始!富野由悠季の出身地

マンガニキ!をフォローする

ガンダムをデザインしたオリジナルマンホールが8月1日より神奈川県小田原市に登場、観光の新たな目玉となることが期待されています。

バンダイナムコグループが手がける「ガンダムプロジェクト」の一環として、「ガンダムマンホール」プロジェクトを開始。この取り組みでは、『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するキャラクターやモビルスーツなどがデザインされたマンホール蓋「ガンダムマンホール」を全国の様々な場所へ設置し、国内外から各地域への来訪客増を目指しています。

その第一弾として、8月1日に神奈川県小田原市にオリジナルデザインのマンホール2種類が設置されます。
実は小田原市、ガンダムの生みの親である富野由悠季の出身地という所縁があります。今回選ばれた2種類のデザインはガンダムとシャア専用ズゴックの両モビルスーツで、ガンダムの後ろには小田原城、シャア専用ズゴックの後ろには小田原漁港にあるちょうちん灯台が背景として描かれています。

先だって7月17日に行われた「ガンダムマンホール寄贈記念式典」には富野も出席し、実物のマンホールを披露。

このマンホールは7月31日まで小田原城天守閣で特別展示されたのち、8月1日から市内に設置される予定です。

現在、「ガンダムマンホール」プロジェクトでは、第2弾以降の設置を検討可能な自治体を募集中。世代を超えて愛されるガンダムのマンホールが、日本各地に登場する日も近いのかもしれませんね。
詳細に関しては公式サイトでご確認のうえ、まずは小田原へ訪れてみてはいかがでしょうか。

「ガンダムマンホール」プロジェクトサイト




マンガニキ!をフォローする

こちらもオススメ