『地球へ…』など代表作キャラも登場!竹宮惠子原画・監修ステンドグラスが徳島の空港に設置

マンガニキ!をフォローする

徳島県徳島市出身で『風と木の詩』『地球へ…』などの代表作で知られる漫画家の竹宮惠子さんが原画・監修を務めた大型ステンドグラスが、ふるさとである徳島の徳島阿波おどり空港旅客ターミナルビルに設置されることとなりました。

原画のタイトルは「ZOMEKI – 悠久の二拍子 -」。二拍子の阿波おどりのお囃子・ぞめきに合わせて踊る人々のほか、『ファラオの墓』『変奏曲』『風と木の詩』『姫くずし』『地球へ…』『私を月まで連れてって!』『イズァローン伝説』『天馬の血族』といった竹宮さんによる数々の名作漫画に登場するキャラクターが横幅が9メートルもあるという大型アートとして描かれています。

現在、このステンドグラスは静岡のクレアーレ熱海ゆがわら工房にて職人たちが鋭意制作中。完成後はビル内の3階出発ロビーに設置されるとのことです。お披露目は2022年3月の予定とあって、今から楽しみな往年のファンは多いのではないでしょうか。

完成すれば徳島に訪れる際の目玉として、旅行や帰省などの楽しみとなりそうです。

竹宮惠子TAKEMIYA公式! (@trapro2017) | Twitter




マンガニキ!をフォローする

こちらもオススメ