『ワールドトリガー』のVRアトラクションが東京・六本木にオープン!C級隊員アバターを付与

マンガニキ!をフォローする

葦原大介原作による大人気TVアニメ『ワールドトリガー』のアトラクション「VRワールドトリガーパーク」が、8月15日17時よりVR空間「光と星のバーチャル六本木」内にオープンします。

『ワールドトリガー』は週刊少年ジャンプで2013年11号から掲載された後、月刊誌のジャンプスクエアに移籍、異世界からの侵略者・ネイバーと防衛組織・ボーダーの戦いを描くSFアクション作品として人気を博しています。
TVアニメ化もされ、現在は2rdシーズンまで放送されており、2021年10月より3rdシーズンの放送も予定しているなどさらなる人気の加速が予想されます。

その本作をテーマにしたアトラクション「VRワールドトリガーパーク」の会場となるのは東京・六本木の「光と星のバーチャル六本木」。
テレビ朝日の社屋周辺エリアをVR空間に再現したものとなっており、玉狛第2や太刀川隊所属の隊員たちとVR上で写真撮影ができるほか、アニメの名シーンに入ることができるVRアトラクションなどを予定しているようです。
また、参加特典としてC級隊員に変身できるアバターが付与されるとのこと。
さらにはテレビ朝日限定のオリジナルグッズが購入できるバーチャルショップもオープンとあって、ファンなら見過ごせない企画となっています。

入場は無料で、バーチャルSNS専用アプリ・clusterから参加が可能。ただし、オープン初日の8月15日は定員が限定で3000名のみ。それ以降の定員も500人となりますのでお出かけの際は注意ください。

なお8月15日には空閑遊真役の村中知、三雲修役の梶裕貴、雨取千佳役の田村奈央、ヒュース役の島崎信長が登場する生配信も実施。
この模様は第1部は東映アニメーション公式YouTubeチャンネルで行われ、第2部は関智一とぺこぱがMCを務める「声優パーク建設計画VR部」とのコラボ番組としてテレビ朝日公式YouTubeチャンネルにて配信されるとのことなので、ファンはそちらの動画配信もぜひチェックください。

光と星のバーチャル六本木(テレビ朝日)公式サイト
イベント参加ガイド|バーチャルSNS cluster(クラスター)
「東映アニメーション公式YouTubeチャンネル」YouTube
「動画、はじめてみました【テレビ朝日公式】」YouTube




マンガニキ!をフォローする

こちらもオススメ