『ドラえもん』や『パーマン』がデジタルで読める!「藤子・F・不二雄大全集」が電子書籍化

マンガニキ!をフォローする

『ドラえもん』や『パーマン』などで知られる日本を代表する漫画家、藤子・F・不二雄さん「藤子・F・不二雄大全集」の電子書籍が、9月3日より配信されます。

神奈川の川崎市にある藤子・F・不二雄ミュージアムが、9月3日に開館10周年を迎えることを記念して今回電子書籍での配信が決定しました。
2009年から2014年にかけて刊行された「藤子・F・不二雄大全集」は、藤子・F・不二雄さんが生涯で描いたマンガ作品の1つひとつを丁寧に整理・構成し、新たな巻立てでまとめあげたシリーズとなっています。そのため、絶版で読むことのできなかった作品や、今まで単行本には未収録だった作品も網羅されているファンにとってはバイブルのような全集。

なお、電子書籍では「藤子・F・不二雄大全集」の全115冊と別冊4冊を順次配信予定。
まず、9月3日には第1弾として『ドラえもん』全20巻、『オバケのQ太郎』全12巻、『パーマン』全8巻、『エスパー魔美』全5巻、『キテレツ大百科』全2巻、『チンプイ』全2巻、『モジャ公』全1巻が配信されます。
その次に第2弾として11月1日、第3弾として12月1日にそれぞれの配信が予定されています。

何れも国民的アニメとして知られている名作ばかりですが、原作の漫画を読んだことがない人は意外と多いかもしれません。
電子書籍はこれまでのファンだけでなく、これまで漫画を手に取ったことのない新規ファン獲得にも貢献してくれそうです。

藤子・F・不二雄大全集(小学館)特設ページ




マンガニキ!をフォローする

こちらもオススメ